骨格筋.com

骨格筋についての備忘録サイト

長内転筋(ちょうないてんきん)について考える!

time 2016/02/17

長内転筋(ちょうないてんきん)について考える!

この記事では、長内転筋(ちょうないてんきん)について詳しく書いていきます。

長内転筋って、どこ?

長内転筋は股関節内転筋の内、1番前に位置しているので
長内転筋が緩んでいる姿勢でも触ることが出来ます。

長内転筋の起始と停止は?

長内転筋の起始は、恥骨の前面〜恥骨結合。
長内転筋の停止は、大腿骨粗線内側唇の中部1/3。

恥骨結合から大腿骨の内側に扇状に付く。

長内転筋の筋連結は?

長内転筋の筋連結は、恥骨筋・薄筋・内側広筋・外側広筋・短内転筋・大内転筋と筋連結していると記載している書籍もあります。

長内転筋の触り方

患者役をA。触る人をB。として説明します。

  1. Aは仰向けになり、股関節を外旋位に維持する。
  2. Bは触りたい長内転筋の反対側に立つ。
  3. 大腿三角を確認する。
    大腿三角は鼠径靭帯、縫工筋、長内転筋で出来る三角形のくぼみです。
  4. 大腿三角に指を押し込み、内側に指を動かして初めに触れる筋腹が長内転筋の筋腹です。
    長内転筋は股関節・膝関節を少し曲げて股関節を外転させると確認しやすくなる

長内転筋の働きと神経支配は

長内転筋の作用は、股関節を内転・屈曲・外旋させる。
長内転筋の神経支配は、閉鎖神経(L3〜4)

長内転筋の日常生活での働きは

  • 大股で歩く時
  • 膝を閉じて座る時
書籍によっては、長内転筋は腰の回転にも影響を与えると記載されている書籍もある。

さらに、長内転筋を考えてみる!

長内転筋の起始と停止部から、股関節を屈曲される動きがある。
他にも、股関節内転。股関節外転。

この3つの動きをしてみてください。

そうです。
足を組む動作になります。

日頃、よく足を組む人は長内転筋が縮まった状態が続くことになります。

「整体で骨盤がゆがんでいるからと、足を組んでいませんか?」
と聞かれるのは、長内転筋が骨盤(恥骨)に付くからなんです。

あなたの行かれている整体の先生は知ってますかね?

down

コメントする




呼吸筋

手の筋肉

手の関節

手の骨

気になる病気

筋肉痛

肩の筋肉

胸の筋肉

腕の筋肉

腹筋

足の筋肉

足の骨

靭帯

顔の筋肉

首の筋肉