骨格筋.com

骨格筋についての備忘録サイト

腕橈骨筋について考える!

time 2016/03/21

腕橈骨筋について考える!

この記事では腕撓骨筋について詳しく書いています。

腕橈骨筋とは

前腕に急激な負荷がかかったり、重たいものをゆっくり動かしたりする際に
肘を屈曲する際に働く筋肉です。

腕橈骨筋の起始と停止は

腕撓骨筋の起始は、上腕骨遠位端外側や外側上腕筋間中隔から始まり
腕撓骨筋の停止は、橈骨茎状突起の上方に停止しています。

腕橈骨筋の筋連結は

腕橈骨筋の筋連結は上腕三頭筋と筋連結していると記載されている書籍もあります。

腕橈骨筋の働きと神経支配

腕撓骨筋の作用は、肘の屈曲と前腕を回外する。

腕撓骨筋は手関節を超えないので手首の動きには関与しない

腕撓骨筋の神経支配は橈骨神経(C5~6)

腕橈骨筋の日常生活での働き

前腕外側の筋肉が働く動きになります。

  1. 腕相撲で相手の腕を自分に引き寄せる動作
  2. ジョッキのビールを飲む時
  3. 釣り竿を引く時  などです。

腕橈骨筋の触り方

腕撓骨筋のわかりやすい触り方を紹介します。
患者役をA、触る人をBとして書いています。

  1. Aは仰向けで前腕中間位にする。
  2. 上腕骨外側上顆と肘窩に母指と示指を置く。
  3. 母指と示指で間にある筋腹を挟む。
    この時、つまんだ筋肉は腕撓骨筋と長橈側手根伸筋です。
  4. この筋腹のほぼ中央に凹みの境を確認できます。

凹みを境にして、前方の筋腹が腕撓骨筋です。

前腕中間位で肘を屈曲運動に抵抗をかけると
腕撓骨筋の筋腹が緊張するのが確認できます。

down

コメントする




関連記事

呼吸筋

手の筋肉

手の関節

手の骨

気になる病気

筋肉痛

肩の筋肉

胸の筋肉

腕の筋肉

腹筋

足の筋肉

足の骨

靭帯

顔の筋肉

首の筋肉