骨格筋.com

骨格筋についての備忘録サイト

手根骨について考える!簡単な覚え方も紹介します!

time 2016/04/05

手根骨について考える!簡単な覚え方も紹介します!

この記事では手根骨について詳しく書いていきます。

手根骨(しゅこんこつ)とは

近位と遠位の2つに分かれて合計8個の骨で構成されています。

お互いに関節を構成し、手のひら側に凹み手背側に凸の弯曲を構成する。
豆状骨を除く3つの骨は近位(手関節・橈骨手根関節)で凸状になります。

手根骨の簡単な覚え方

学生さんは手根骨の名前と位置関係を覚えないといけないテストも多いので
簡単な覚え方を紹介します。

船に乗って(舟状骨)月を見れば(月状骨)三つの(三角骨)豆(豆状骨)。
大小(大菱形骨)(小菱形骨)頭に(有頭骨)鈎かけた(有鈎骨)

舟状骨から豆状骨までが近位手根骨で、大菱形骨から有鉤骨が遠位手根骨です。

手根骨高比とは

手根骨の高さを第3中手骨の長さを割った数値です。
正常な値として言われているのは、0.54±0.03です。

この数値は、月状骨軟化症(キーンベック病)で重要な数値になります。
具体的には、月状骨の壊死により有頭骨の近位への移動や舟状骨偽関節の放置の際に低下します。

手根骨サインとは

ターナー症候群の際に、重要な所見になります。

手を正面からレントゲン検査をした際に、
舟状骨と月状骨の近位接線と月状骨と三角骨の近位接線が作る角度が
117°以下の場合はターナー症候群の可能性があるそうです。

コメント

  • […] 手根骨の近位は舟状骨・月状骨・三角骨・豆状骨で 手根骨の遠位は大菱形骨・小菱形骨・有頭骨・有鉤骨で構成されています。 […]

    by 手根中央関節について考える! | 骨格筋.com €2016年4月5日 7:10 PM

  • […] 橈骨と手根骨の間の関節のことをいいます。 具体的には、橈骨と舟状骨・月状骨・三角骨の間の関節です。 (近位手根骨でも豆状骨は含まれません。) […]

    by 橈骨手根関節について考える! | 骨格筋.com €2016年4月5日 7:12 PM

down

コメントする




関連記事

呼吸筋

手の筋肉

手の関節

手の骨

気になる病気

筋肉痛

肩の筋肉

胸の筋肉

腕の筋肉

腹筋

足の筋肉

足の骨

靭帯

顔の筋肉

首の筋肉