骨格筋.com

骨格筋についての備忘録サイト

有鉤骨について考える!

time 2016/04/05

有鉤骨について考える!

この記事では有鉤骨について詳しく書いていきます。

有鉤骨(ゆうこうこつ)とは

手根骨の1つで、遠位尺側にあります。

  • 近位では、月状骨と関節し
  • 橈側(親指側)では有頭骨と関節し
  • 尺側(小指側)では三角骨と関節し
  • 遠位では第4・5中手骨と関節しています。

有鉤骨の鉤は、手のひら側に飛び出た骨で野球やゴルフのスイングで骨折しやすく。
鑑別するには特殊レントゲン撮影(手根骨撮影)が必要です。

hook-of-hamate

有鉤骨の鉤の触り方

有鉤骨の鉤は豆状骨の遠位で橈側に位置しています。
患者役をA、触る人をBとして説明します。

  1. Bの母指をAの触りたい側の豆状骨に置く
  2. Aの母指と示指の指間の中央方向にBの母指で押す。
  3. 触知できていると、Bの母指で尖った骨を確認できます。
有鉤骨の鉤はギヨン管の橈側を形成します。
ギヨン管は手指に向かう尺骨神経と動脈が通ります。

down

コメントする




関連記事

呼吸筋

手の筋肉

手の関節

手の骨

気になる病気

筋肉痛

肩の筋肉

胸の筋肉

腕の筋肉

腹筋

足の筋肉

足の骨

靭帯

顔の筋肉

首の筋肉