骨格筋.com

骨格筋についての備忘録サイト

ハムストリングスについて骨盤と歩行を考える!

time 2016/02/12

ハムストリングスについて骨盤と歩行を考える!

この記事ではハムストリングスについて詳しく書いていきます。

ハムストリングスって、どんな筋肉?

ハムストリングスとは、太ももの後ろ側にある3種類の筋肉を合わせた総称です。

  1. 大腿二頭筋(長頭・短頭)
  2. 半膜様筋
  3. 半腱様筋

ハムストリングスの作用は

ハムストリングの働きとして共通するのは

  • 股関節を伸展させること。
  • 膝関節の動きにも関与している
    大腿二頭筋の短頭は股関節の動きには関与せずに膝の動きに影響を与える
  • 筋肉の支配神経は脛骨神経支配。

骨盤に対するハムストリングの作用

ハムストリングスは股関節や膝関節の動きに関わることは
多くの人が理解していますが、
実は骨盤の位置にも大きな影響を与えます。

ハムストリングスがどのように骨盤に関係するのか?

ハムストリングスなどの股関節伸筋は
骨盤の前後の安定性に大きく影響を与える。

骨盤が後傾している場合

骨盤後傾制限になる腸骨大腿靭帯によって骨盤は安定する。
ハムストリングスの影響はほとんど見られない。

骨盤が正常な位置の場合

骨盤の重心が股関節の真上に来る時を正常と考えて話していきます

下肢に体重が上手に乗っているので
股関節伸筋・股関節屈筋ともに筋肉の負担が少ない位置です。

骨盤が前傾している場合

骨盤前傾は骨盤の重心が股関節の前面を通っています。
ハムストリングが前傾した骨盤を戻そうと働きます。

骨盤の前傾がひどい場合、
大殿筋が強力に作用し、同時にハムストリングスも収縮するが
立位において膝が伸びていればいるほど作用は大きく働く。

歩行時のハムストリングスの働きとして

正常な歩行時に股関節を伸展させるのはハムストリングスの働きです。
大殿筋はほとんど働いていないと記載されている書籍もあります。

down

コメントする




関連記事

呼吸筋

手の筋肉

手の関節

手の骨

気になる病気

筋肉痛

肩の筋肉

胸の筋肉

腕の筋肉

腹筋

足の筋肉

足の骨

靭帯

顔の筋肉

首の筋肉