骨格筋.com

骨格筋についての備忘録サイト

中間広筋(ちゅうかんこうきん)について考える!

time 2016/02/17

中間広筋(ちゅうかんこうきん)について考える!

この記事では、中間広筋(ちゅうかんこうきん)について詳しく書いていきます。

中間広筋(ちゅうかんこうきん)って、どこ?

大腿四頭筋の1つに数えられるのが
今回、紹介する中間広筋です。

中間広筋の起始と停止

中間広筋の起始は、大腿骨体の前面。
中間広筋の停止は、膝蓋骨底。

膝蓋靭帯を介して脛骨粗面に付く。

中間広筋の筋連結は

中間広筋の筋連結は、大腿二頭筋の短頭・大腿直筋・外側広筋・内側広筋・大殿筋・大内転筋・膝関節筋と筋連結していると記載されている書籍もあります。

中間広筋の触り方

中間広筋は大腿直筋の深層にあるため触ることは難しい

患者役をA。触る人をB。として説明します。

  1. Aは仰向けになり、股関節を軽く外旋で維持する。
  2. Bは触りたい中間広筋側に立つ。
  3. 大腿直筋の内側縁から指を大腿骨方向に押しこむ。
    大腿直筋を押しのけながら触るようにしましょう。
    ※強すぎたり、痛みが強くならないように配慮して下さい。

中間広筋の働きと神経支配

中間広筋の作用は、膝の伸展。
中間広筋の神経支配は、大腿神経(L2〜4)

中間広筋の日常生活での動きは

  • ベッドからの立ち上がる時。
  • 段差をのぼる時。
  • ジャンプをする。

など、足を前に動かす動作で働く筋肉です。

さらに、中間広筋を考えてみる!

中間広筋の働きは膝の伸展運動ですが、
他にも内側膝蓋支帯を緊張させる働きがあります。

この内側膝蓋支帯を緊張させることで、
膝蓋骨が外側に移動し過ぎないように止める役割をしています。

down

コメントする




関連記事

呼吸筋

手の筋肉

手の関節

手の骨

気になる病気

筋肉痛

肩の筋肉

胸の筋肉

腕の筋肉

腹筋

足の筋肉

足の骨

靭帯

顔の筋肉

首の筋肉