骨格筋.com

骨格筋についての備忘録サイト

長趾屈筋について考える!

time 2016/02/03

長趾屈筋について考える!

この記事では、長趾屈筋について詳しく書いていきます。

長趾屈筋はどこにある?

長趾屈筋は下腿三頭筋のヒラメ筋の深部にあります。
その中でも、内側に位置しています。

もう少し専門的に見ていきましょう!

長母趾屈筋の起始・停止は?

長趾屈筋の起始は脛骨の後面と下腿骨間膜です。
停止は第二〜四趾、小指の末端骨底です。

長趾屈筋の腱は外側4趾に向かう4つの腱に分かれています。
踵骨トンネルの出口で長母趾屈筋と交差をしている。
(長母趾屈筋が上で長趾屈筋が下で交差をする)

足底の筋肉は深層・中間層・浅層に分類されます。
長趾屈筋は、長母趾屈筋・虫様筋とともに中間層に属します。

長趾屈筋の筋連結は?

長趾屈筋は長母趾屈筋・後脛骨筋・腓腹筋・ヒラメ筋と筋連結があると記載されている書籍もあります。

長趾屈筋の触り方

患者役をA。触る人をB。として説明します。

  1. Aはうつ伏せで、タオルなどを使って膝を少し曲げる
  2. Bは触る反対側、外側に立つ。
  3. 長趾屈筋は脛骨の後面に沿って走行するので内側から脛骨の位置を確認して腓腹筋・ヒラメ筋と一緒に深層の筋腹を脛骨に向かって圧迫して触る。
長趾屈筋は下腿部の遠位1/2の内側部で脛骨とヒラメ筋の間から触ることが出来る。
それ以外の場所では触ることが難しい。
長趾屈筋の停止腱のすぐ外側を脛骨神経と後脛骨動脈が走行するので注意

長趾屈筋の働きと神経支配

長趾屈筋の作用は2つ

  1. 第二〜四趾・小指を屈曲する。
  2. 足関節を底屈させる。

長趾屈筋の神経支配

長趾屈筋の神経支配は脛骨神経(L5〜S2)支配。

コメント

down

コメントする




関連記事

呼吸筋

手の筋肉

手の関節

手の骨

気になる病気

筋肉痛

肩の筋肉

胸の筋肉

腕の筋肉

腹筋

足の筋肉

足の骨

靭帯

顔の筋肉

首の筋肉