骨格筋.com

骨格筋についての備忘録サイト

短腓骨筋について考える!

time 2016/02/05

短腓骨筋について考える!

この記事では短腓骨筋について詳しく書いていきます。

短腓骨筋って、どこ?

短腓骨筋の筋腹は下腿部の遠位2/3に存在します。
筋腹の上半分は長腓骨筋に覆われるが下半分は皮下で観察できる。

peroneus-brevis-muscle-here

短腓骨筋の筋腹は、外果の後方まである

短腓骨筋の起始・停止は?

短腓骨筋の起始は、腓骨の外側面の遠位2/3。隣接する筋間中隔。
短腓骨筋の停止は、第5中足骨底の粗面、外側部。

ある書籍には

短腓骨筋は第5中足骨の茎状突起に付着と記載されている

origin-stop-of-the-peroneus-brevis-muscle

短腓骨筋の筋連結は?

短腓骨筋の筋連結は長母趾屈筋、第三腓骨筋、長趾伸筋、長腓骨筋と筋連結していると記載している書籍もあります。

短腓骨筋の触り方

患者役をA。触る人をB。として説明します。

  1. Aは仰向けになり、股関節を内旋位に維持する。
  2. Bは触りたい短腓骨筋の外側に立つ
  3. 腓骨の長軸を確認し、遠位1/3の周辺で腓骨の後外側面で筋腹を確認。
    下腿部の遠位1/3には短腓骨筋のみが腓骨の後外側面にある。
  4. 腓骨に向かって筋腹を圧迫する。
足関節を底屈・外がえし運動をすると、外果の遠位端から第5中足骨底に向かう短腓骨筋を確認しやすい

短腓骨筋の働くと神経支配

短腓骨筋の作用は、足関節を底屈。外がえし。
短腓骨筋の神経支配は、浅腓骨神経(L5〜S1)

短腓骨筋は足関節を外転運動にも大きな役割がある。
書籍によっては、長腓骨筋よりも短腓骨筋の方が外転力が強いと記載されている

さらに、短腓骨筋を考えてみた

短腓骨筋の作用には、足関節を底屈。外がえし運動があるが、
足関節を底屈する主な筋肉は下腿三頭筋
短腓骨筋は足関節底屈に関しては、補助をしている程度の筋力しかないようです。

コメント

down

コメントする




関連記事

呼吸筋

手の筋肉

手の関節

手の骨

気になる病気

筋肉痛

肩の筋肉

胸の筋肉

腕の筋肉

腹筋

足の筋肉

足の骨

靭帯

顔の筋肉

首の筋肉