骨格筋.com

骨格筋についての備忘録サイト

大腰筋とは?原因になる腰痛、トレーニング・ストレッチよりも必要なこと!

time 2016/02/25

大腰筋とは?原因になる腰痛、トレーニング・ストレッチよりも必要なこと!

この記事では大腰筋について書いていきます。

大腰筋って、どこ?

大腰筋は腹腔と骨盤腔の後面にある筋肉です。

大腰筋の起始と停止は

大腰筋の起始は、大きく3つあります。

  1. 第12胸椎〜第4腰椎の椎体。
  2. 第1〜4腰椎の肋骨突起(浅頭)
  3. 第1〜5腰椎の肋骨突起(深頭)

大腰筋の停止は、大腿骨小転子。

大腰筋の筋腹で1番太いのは、第4腰椎付近が最も太い

大腰筋は浅頭と深頭に分かれていて、その筋腹の間を腰神経叢が通っています。

大腰筋の筋連結は

大腰筋の筋連結は、腰方形筋・縫工筋・大腿直筋内側広筋・大腿筋膜張筋・恥骨筋を筋連結をしていると記載されている書籍もあります。

大腰筋の触り方

大腰筋は腹部の奥、腰椎前面にあるので直接触ることはできませんが
間接的に大腰筋を感じることはできます

患者役をA。触る人をB。として説明します。

  1. Aは仰向けになり、膝を曲げる。
  2. Bは触りたい大腰筋側に立つ。
  3. へその外側4横指(腹直筋の外側)を2〜4指で腹部を後方に圧迫。
  4. 後方に圧迫を加えたまま、内側に圧力の方向をシフトすると大腰筋の筋腹を触知できる
腹部に指を入れる際、Aに深呼吸をしてもらうと楽にできる

大腰筋の働きと神経支配

大腰筋の作用は、股関節を屈曲・外旋。
大腰筋の神経支配は、腰神経叢の筋肉枝(L1〜L3)

大腰筋の日常生活での働き

  • 階段をのぼる
  • 姿勢を維持する

など、太ももを持ち上げたり、背骨を支える働きをしている。

さらに、大腰筋について考えてみる!

腰痛の原因に、大きく大腰筋が関与しているといわれています。

では、大腰筋が原因の腰痛を紹介します。

大腰筋が原因の腰痛症状

  • 腰全体に痛みが出る
  • 咳をしたりクシャミをすると腰が痛い
  • 寝返りをうつと腰が痛い
  • 太ももまで痛みが広がっている

などなど、多くの症状を出します。

大腰筋が原因の腰痛か?見分ける方法

  • 歩幅が狭くなっている
  • 立ち上がる際に、両手で支えながら立つ
  • 立った時、歩く時に膝をしっかり伸ばせない

などの症状が出ている人は大腰筋の原因になっている。

大腰筋の働きが不十分な時には大腿四頭筋・腰方形筋・大腿筋膜張筋が短縮してカバーしてくれているので大腰筋とともに、調整をする必要があります

大腰筋が短縮しているか?チェック!

  1. ベッドの端に座る
  2. 片足を胸につけて、後方に転がる。
  3. 胸につけていない足がベッドよりも上がっているなら、大腰筋は短縮している

※勢いをつけずに、ゆっくり安全を確認してから後方に転がって下さい。

大腰筋が正常な長さなら、後方に転がっても反対の足(太もも裏)はベッドに付いている。

ストレッチよりも効果的な大腰筋の緩め方!

筋肉を緩めると聞くと、ストレッチを考えますが
私自身は、ストレッチの効果は再現性に乏しいので
違った視点で大腰筋を緩めていこうと思います。

患者役をA。補助者をBとして説明します。

  1. Aはベッドの隅で仰向けになる。
  2. 緩めたい反対側の膝を出来るだけ胸に近づける。
    膝が110度は曲がっているのが理想です。
    両足ともベッドの下に落ちないようにしましょう。
  3. Bは触りたい大腰筋側に立つ。
  4. へその外側4横指(腹直筋の外側)を2〜4指で腹部を背骨側に圧迫。
  5. Aは「顎を天井方向に、後頭部をベッドに押しつける」
    頚部伸筋が収縮すると、反射的に大腰筋は弛緩します。
  6. さらに、Aは「顎を引き、頭を持ち上げるようにする」と効果は上がります。
    頚部の伸展・屈曲をする際に、眼球運動をするもの効果的です。
    顎を天井方向にする時は上を向き、顎を引いた時は下を向く

大腰筋の短縮が改善しているか?チェックをしましょう。

先ほどのチェック法と同じです。

  1. ベッドの端に座る
  2. 片足を胸につけて、後方に転がる。
  3. 胸につけていない足がベッドよりも上がってなければ大腰筋は正常です。

【まとめ】大腰筋について

大腰筋は腹部の奥、背骨の前面に位置しています。
この大腰筋が腰痛治療のポイントだともいわれています。

大腰筋が原因の腰痛の特徴は

  1. 腰全体に痛みが出る
  2. 咳をしたりクシャミをすると腰が痛い
  3. 寝返りをうつと腰が痛い
  4. 太ももまで痛みが広がっている

大腰筋の腰痛になると

  1. 歩幅が狭くなっている
  2. 立ち上がる際に、両手で支えながら立つ
  3. 立った時、歩く時に膝をしっかり伸ばせない

【チェック】大腰筋が短縮しているか?

  1. ベッドの端に座る
  2. 片足を胸につけて、後方に転がる。
  3. 胸につけていない足がベッドよりも上がっているなら、大腰筋は短縮している

【ストレッチよりも効果的な】大腰筋の緩め方

ストレッチというのは、筋肉を伸ばす目的で行われますが
今回は、筋肉の特性を考えて大腰筋の緩め方というものを紹介しました。

筋肉Aが収縮するとき、拮抗筋の筋肉は弛緩します。
弛緩しないと、関節が動かせなくなるので
人の体は無意識に拮抗筋を弛緩させます。

この原理で、記事では
大腰筋を弛緩させるのに、頚部の筋肉と眼球運動を紹介しました。

コメント

down

コメントする




関連記事

呼吸筋

手の筋肉

手の関節

手の骨

気になる病気

筋肉痛

肩の筋肉

胸の筋肉

腕の筋肉

腹筋

足の筋肉

足の骨

靭帯

顔の筋肉

首の筋肉