骨格筋.com

骨格筋についての備忘録サイト

菱形筋について考える!こり・痛み解消のトレーニング&ストレッチ

time 2016/03/09

菱形筋について考える!こり・痛み解消のトレーニング&ストレッチ

この記事では菱形筋(りょうけいきん)について詳しく書いていきます。

菱形筋とは

菱形筋は大菱形筋と小菱形筋を合わせた総称です。
背部にある菱型の筋肉で、頭方にある小菱形筋と足方にある大菱形筋にわかれます。

菱形筋の筋腹のほとんどは僧帽筋に覆われています。

菱形筋の起始と停止は

大菱形筋の起始は、第2〜5胸椎棘突起。
大菱形筋の停止は、肩甲棘から下角の内側。

小菱形筋の起始は、項靱帯。第7頚椎と第1胸椎の棘突起。
小菱形筋の停止は、肩甲骨内側縁の上部。

大菱形筋、小菱形筋ともに、肩甲骨内側縁に付着部付近の筋腹が厚く
脊柱側の起始部は膜状の腱になります。

菱形筋の走行や場所で大菱形筋と小菱形筋の間を判断するのは難しい。

菱形筋の筋連結は

大菱形筋は、小菱形筋、僧帽筋、前鋸筋
小菱形筋は、大菱形筋、僧帽筋、上後鋸筋、前鋸筋と筋連結していると記載されている書籍もあります。

菱形筋の働きと神経支配

  • 肩甲骨の内転、挙上。
  • 肩関節窩を尾側に向けるように回転させる。

大菱形筋と小菱形筋が共同して働いています。

菱形筋の日常生活での働き

  • 引き出しを手前に引くなど、物を自分の方に引く動作。
  • アーチェリーなどで弓を引く動作

肩甲骨を寄せる動作をする際に、主に働きます。

菱形筋の拮抗筋

菱形筋は肩甲骨を内転位に保持する役目をしますが
その拮抗筋として、前鋸筋があります。

前鋸筋は、肩甲骨を外転させる働きがあります。

菱形筋のこり・痛みの原因は

菱形筋の筋トレで前傾姿勢で行う重量挙げのさいに痛めることが知られています。
一般の人は、重量挙げをしないかもしれませんが
下のものを取ろうと前傾気味になることはあります。

そういった単発ではなく、反復して動かしているうちに痛めることあります。

ほかにも、肩甲骨を外転した状態で長時間作業をしていてもおこります。

菱形筋の筋トレ・ストレッチはしてはダメ!

菱形筋の痛みやこりを改善させるのには、
大胸筋や小胸筋のエクササイズをしたほうが効果があります。

先程も書いたように、
菱形筋の筋トレの仕方によっては、余計に悪化させることになります。

菱形筋を痛める原因の1つに肩甲骨を外転した状態がありました。
肩甲骨を外転している姿勢は、菱形筋が伸ばされた状態です。

伸ばされて痛められた菱形筋をストレッチはしないようにしてください!

コメント

down

コメントする




呼吸筋

手の筋肉

手の関節

手の骨

気になる病気

筋肉痛

肩の筋肉

胸の筋肉

腕の筋肉

腹筋

足の筋肉

足の骨

靭帯

顔の筋肉

首の筋肉