骨格筋.com

骨格筋についての備忘録サイト

鎖骨下筋について考える!

time 2016/03/21

鎖骨下筋について考える!

この記事で鎖骨下筋について詳しく書いています。

鎖骨下筋(さこつかきん)とは

鎖骨と第1肋骨の間にある小さな筋肉で、
第1肋骨から鎖骨の下面に位置する円柱状の筋肉です。

鎖骨下筋の起始と停止は

鎖骨下筋の起始は、第1肋骨と第1肋軟骨の境付近から起こり鎖骨下面に停止します。

鎖骨下筋の働きと神経支配

鎖骨下筋の作用は、鎖骨を押し下げて前方に動かします。
他にも、上肢帯を安定させるのに働きます。

肩にかかる遠心力で胸鎖関節の安定を上げるために主に働いています

鎖骨下筋の神経支配は鎖骨下筋神経(C5)

鎖骨下筋の日常生活での働き

遠投など、肩にかかる遠心力に対抗する際に役立っています。

鎖骨下筋の触り方

鎖骨下筋は小さな筋肉なので触知は難しく、第1肋骨を間違えて触る人が多いです。

  1. 鎖骨の内側部のすぐ側方にある第1肋骨を確認する。
  2. 第1肋骨と鎖骨の間に指を置き軽く圧迫する
    鎖骨下筋は後外頭側に走行する筋腹を確認する

鎖骨下筋の筋腹は鎖骨の後足方に位置して大胸筋に覆われる部分は触知は難しい。
※外側ではなく鎖骨内側1/2の領域、足方に確認しやすい。

down

コメントする




呼吸筋

手の筋肉

手の関節

手の骨

気になる病気

筋肉痛

肩の筋肉

胸の筋肉

腕の筋肉

腹筋

足の筋肉

足の骨

靭帯

顔の筋肉

首の筋肉