骨格筋.com

骨格筋についての備忘録サイト

母指球筋(短母指外転筋、短母指屈筋、母指対立筋、母指内転筋)について考える!

time 2016/03/10

母指球筋(短母指外転筋、短母指屈筋、母指対立筋、母指内転筋)について考える!

この記事では母指球筋(ぼしきゅうきん)について詳しく書いていきます。

母指球筋とは

短母指外転筋、短母指屈筋、母指対立筋、母指内転筋の4つの筋肉の総称です。

母指内転筋だけが尺骨神経支配です。他は正中神経支配。

母指球筋の覚え方

「母子、急に長い退屈」

母子、急に=母指球筋

では、1つ1つ見ていきましょう。

短母指外転筋について

短母指外転筋の起始は、屈筋支帯、舟状骨、大菱形骨から起こり
短母指外転筋の停止は、母指基節骨の外側面に付着している。

短母指外転筋の作用は、母指の手根中手関節で母指を外転させる。

短母指外転筋の支配神経は正中神経。

短母指屈筋について

短母指屈筋の起始は、屈筋支帯、大菱形骨、小菱形骨、有頭骨から起こり
短母指屈筋の停止は、母指基節骨の外側面に付着している。

短母指屈筋の作用は、母指の手根中手関節と中手指節関節で母指を屈曲させる。

短母指屈筋の神経支配は正中神経。

母指対立筋について

母指対立筋の起始は、屈筋支帯、大菱形骨から起こり
母指対立筋の停止は、第1中手骨の外側面に付着している。

母指対立筋の作用は、母指の手根中手関節で母指を小指に合わせる(対立)

母指対立筋の支配神経は正中神経。

母指内転筋について

母指内転筋は斜頭と横頭があります。

母指内転筋の斜頭の起始は、有頭骨と第2・3中手骨から起こます。
母指内転筋の横頭の起始は、第3・4中手骨から起こります。

母指内転筋の斜頭と横頭の停止は、種子骨を介して腱になり母指基節骨の内側面に付着している。

書籍によっては、
母指内転筋の斜頭の停止は指背腱膜に付着。
母指内転筋の横頭の停止は母指基節骨底に付着と記載しています。

母指内転筋の作用は、母指の手根中手関節と中手指節関節で母指を内転する。

母指内転筋の支配神経は尺骨神経(C8,T1)。

コメント

down

コメントする




関連記事

呼吸筋

手の筋肉

手の関節

手の骨

気になる病気

筋肉痛

肩の筋肉

胸の筋肉

腕の筋肉

腹筋

足の筋肉

足の骨

靭帯

顔の筋肉

首の筋肉